昭和の名言だけをピックアップ!

「長い道のりでした。その間に妻をめとり子ども6人と孫10人ができました。」

金栗四三

金栗四三はマラソン日本代表としてストックホルムオリンピックに出場したが途中棄権した。その54年後、ストックホルム五輪の記念式典に金栗は招待され、場内に用意されたゴールテープを切って晴れてゴールした。その際に語った名言である。

名言を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

発言者 金栗四三について

金栗四三のプロフィールを紹介します。

  • 金栗四三
  • 「日本マラソンの父」と呼ばれるマラソン選手。道頓堀にあるグリコのマークのモデルのひとりとしても知られる。生涯走った距離は約25万㎞、地球6周以上といわれる。2019年(令和元年)のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の主人公のひとりで、六代目中村勘九郎が金栗の生涯を熱演した。「四三」という名前は父親が43歳の時に誕生したことに由来するという。幼少期は非常にひ弱な子どもだったが、小学校のときに往復12㎞もの距離を毎日走って登下校する「かけあし登校」を始め、これがのちのマラソン人生の基礎となった。東京高等師範学校(現・筑波大学)在学中の1912年(明治45年)、短距離走の三島弥...
金栗四三

金栗四三の他の名言

金栗四三の考えや人柄がわかる、その他の残された言葉。

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook