昭和の名言だけをピックアップ!

「基礎ができていないと芝居が浅くなり舞台に立つ値打ちがない」

水谷八重子(初代)

2005年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。

名言を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

発言者 水谷八重子(初代)について

水谷八重子(初代)のプロフィールを紹介します。

  • 水谷八重子(初代)
  • 大正から昭和にかけて活躍し、生涯現役を貫いた女優。本名は松野八重子。夫は歌舞伎役者の十四代目守田勘彌(のち離婚)、娘は二代目水谷八重子。義兄が劇団芸術座に関わっていたことから、八重子も幼い頃から舞台に立つようになり、1916年には舞台『アンナ・カレーニナ』で松井須磨子が演じるアンナの息子役を務めた。やがて本格的に女優の道を進むようになり、1921年には映画『寒椿』で映画デビューも果たした。高等女学校卒業後は義兄が創立した第二次芸術座の看板女優として活躍、戦後は花柳章太郎らと「劇団新派」を結成、その後がんを発症したが、新派の発展と後進の育成に尽力した。だが、1979年、公演中に倒れ、同年1...
水谷八重子(初代)

水谷八重子(初代)の他の名言

水谷八重子(初代)の考えや人柄がわかる、その他の残された言葉。

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook