年齢で見る昭和の有名人

67歳で亡くなった
昭和の有名人

現在8人が登録されています。

67歳で亡くなった有名人を共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

該当する昭和の有名人

亡くなった年齢でまとめることで意外な発見があります。

渋沢敬三

渋沢敬三

ジャンル
財界人・経営者 / 学者・教育者
出身
東京都
生年月日
1896年8月25日
没年月日
1963年10月25日
年齢
満67歳没

第16代日本銀行総裁、大蔵大臣(幣原内閣)。祖父は渋沢栄一。 戦前から民俗学の研究をおこなっており、その道でも多大なる功績を残している。民俗学における後進の育成にも積極的であり、自身が開設した...(続きをみる

相田みつを

相田みつを

ジャンル
芸術文化
出身
栃木県
生年月日
1924年5月20日
没年月日
1991年12月17日
年齢
満67歳没

「書の詩人」「いのちの詩人」とも呼ばれる詩人、書家。「つまづいたって いいじゃないか にんげんだもの みつを」など独特でリズミカルな詩と書体で知られ、一大ブームを巻き起こすほどの人気を博した。...(続きをみる

相田みつをの名言
どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ
池波正太郎

池波正太郎

ジャンル
芸術文化
出身
東京都
生年月日
1923年1月25日
没年月日
1990年5月3日
年齢
満67歳没

戦後日本を代表する時代小説、歴史小説家。代表作は『鬼兵犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など多数。大の食通としても知られる。また、映画評論家としても有名であった。戦後、東京都...(続きをみる

池波正太郎の名言
ちかごろの日本は、何事にも、「白」でなければ、「黒」である。その中間の色合が、まったく消えてしまった。その色合こそ、「融通」というものである。
安井曾太郎

安井曾太郎

ジャンル
芸術文化
出身
京都府
生年月日
1888年5月17日
没年月日
1955年12月14日
年齢
満67歳没

「肖像画の名手」「デッサンの神様」と謳われた洋画家。早くから画家になることを志し、商業学校を中退後、聖護院洋画研究所(のちの関西美術院)にて絵を学ぶ。その後、フランスに渡り名門アカデミー・ジュリ...(続きをみる

御木徳一

御木徳一

ジャンル
その他
出身
愛媛県
生年月日
1871年3月17日
没年月日
1938年7月6日
年齢
満67歳没

ひとのみち教団(PL教団の前身)を興した宗教家。黄檗宗から得度し、愛媛県松山市にある安楽寺の住職を経て、移住先の大阪で御嶽教徳光大教会の教祖・金田徳光に入信、息子・御木徳近とともに徳光大教会の教...(続きをみる

春日八郎

春日八郎

ジャンル
芸能人
出身
福島県
生年月日
1924年10月9日
没年月日
1991年10月22日
年齢
満67歳没

レコードの総売上枚数は7,000万枚を誇る。代表曲は『長崎の女』『赤いランプの終列車』『お富さん』『別れの一本杉』『居酒屋』『雨降る街角』『トチチリ流し』『山の吊橋』など多数。全曲集などは現在で...(続きをみる

永島慎二

永島慎二

ジャンル
芸術文化
出身
東京都
生年月日
1937年7月8日
没年月日
2005年6月10日
年齢
満67歳没

“青年漫画の教祖”と呼ばれた漫画家。愛称はダンさん。代表作に嵐主演で映画化もされた『若者たち』、『漫画家残酷物語』、『フーテン』、『青春裁判』、『旅人くん』など。 永島慎二の漫画は同じ1970...(続きをみる

田中絹代

田中絹代

ジャンル
芸能人
出身
山口県
生年月日
1909年11月29日
没年月日
1977年3月21日
年齢
満67歳没

大正のサイレント映画時代から昭和はじめのトーキー映画、戦後の映画隆盛にいたるまで、常に銀幕の中心にいた映画女優。代表作は『愛染かつら』、『女優須磨子の恋』、溝口健二監督の『西鶴一代女』(ヴェネツ...(続きをみる

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook