昭和の名言だけをピックアップ!

「自分の虚栄心は他人に対して、自分は偉い人間だぞと云いたがっている、それから、自分は世間的に名のひろまった、つまり有名な人間だぞと云いたがっている」

岸田劉生

岸田劉生の日記より。

名言を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

発言者 岸田劉生について

岸田劉生のプロフィールを紹介します。

  • 岸田劉生
  • 大正から昭和初期にかけて活躍した洋画家。娘・麗子をモデルとした『麗子五歳之像』『麗子微笑』などのいわゆる「麗子像」シリーズが特に有名。洋画家・黒田清輝に師事し絵を学び、1912年、高村光太郎らとともにヒョウザン会を結成、本格的に画壇へデビューする。その後、無骨な写実性と深い精神性をあわせもつ独自の会が様式を確立、『切通しの写生(道路と土手と塀)』(重文)や麗子の肖像など数々の傑作を生み出した。だが、1929年、生涯ただ一度の海外旅行から帰国した直後、滞在先の山口県徳山(現在の周南市)にて尿毒症のため38歳の若さで他界した。非常に潔癖症であったという。
岸田劉生

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook