昭和の名言だけをピックアップ!

「仲良きことは美しき哉」

武者小路実篤

晩年の色紙によく書いた言葉。野菜の絵が添えられることが多かった。

名言を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

発言者 武者小路実篤について

武者小路実篤のプロフィールを紹介します。

  • 武者小路実篤
  • 大正・昭和の小説家。志賀直哉らととも「白樺派」と呼ばれた。本人は「むしゃこうじ」と名乗っていた。岸田劉生との交友も有名。 代表作は『お目出たき人』『幸福者』『友情』『愛と死』『真理先生』など。 理想的に調和された社会、ユートピア実現のために宮崎県に「新しき村」を建設した。なお、この村は現在でも埼玉県入間郡毛呂山町にて存続している。
武者小路実篤

武者小路実篤の他の名言

武者小路実篤の考えや人柄がわかる、その他の残された言葉。

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook