星野道夫

星野道夫

ほしのみちお

ジャンル
芸術文化
出身
千葉県
生年月日
1952年9月27日
没年月日
1996年8月8日
年齢
満43歳没

自然や動物の作品を数多く残した写真家。エッセイや詩も発表している。 1989年、『Alaska 極北・生命の地図』で第15回木村伊兵衛写真賞を受賞。 1996年8月、TBSのTV番組『どうぶつ奇想天外!』取材のため訪れていたロシアのカムチャッカ半島にて、ヒグマに襲撃され命を落とす。ヒグマに持ち去られた遺体は森の中にて発見された。 なお、事故にあうまで撮影し続けた映像は、後日「極東ロシアヒグマ王国~写真家・星野道夫氏をしのんで~」としてTV放送されている。

星野道夫を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

星野道夫の年表はまだ作成されていません。もう少々お待ちください…。

名作

星野道夫が携わった、昭和史に残る名作を紹介します

星野道夫の名作は見当たりませんでした…。

星野道夫をチェックした人はこんな人物もチェックしています

星野道夫にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

星野道夫にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

星野道夫が熊に襲われる直前に撮影したとされる写真は偽物
星野道夫が襲われる直前に撮影したとされるテントに入ってくる熊の写真であるが、偽物である。テントに入ってくる熊の熊の写真は日が高く明るいが、星野が熊に襲撃されたのは明け方4時頃のことである。

名言・最後の言葉

星野道夫が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

想い続けた夢がかなう日の朝は どうして心がシーンと静まりかえるのだろう
ぼんやりとした、心の中の川は、はっきりと地図の上に象を結んだ。大切な川が、熟した実が落ちるように決まったのだ
無窮の彼方へ流れゆく時を、めぐる季節で確かに感じることができる。自然とは、何と粋な計らいをするのだろうと思う。一年に一度、名残り惜しく過ぎてゆくものに、この世で何度めぐり合えるのか
日々の暮らしに負われている時、もうひとつの別の時間が流れている。それを悠久の自然と言っても良いだろう。そのことを知ることができたなら、いや想像でも心の片隅に意識することができたなら、それは生きてゆくうえでひとつの力になるような気がするのだ
私たちをとりまく大気は、太古の昔からの、無数の生き物たちが吐く息を含んでいるからだ。その吐く息とは、“言葉”に置きかえてもよいだろう。風につつまれた時、それは古い物語がどこからか吹いてきたのだという
壮大なアラスカの自然は、結局人間もその秩序の中にいつか帰ってゆくという、あたり前のことを語りかけてくる
結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味を持つのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である
エッセイ『旅をする木』より。
食べることは、殺すこと。きっと、自然とはそれ自身何の意味さえもたないものなのかもしれない。そして、そこに、何か意味を見い出そうとするのが私たち人間なのだろうか
原野にポツンと浮かぶ家の灯にも、大都会を埋め尽くす夜景にも、私は同じような愛おしさを感じていた。それは人間の営みが抽象化され、私たちの存在がひどくはかないものに感じるからだろう
僕たちが毎日を生きている瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい
エッセイ『旅をする木』より。
人間の風景の面白さとは、私たちの人生がある共通の一点で同じ土俵に立っているからだろう。一点とは、たった一度の一生をより良く生きたいという願いであり、面白さとは、そこから分かれてゆく人間の生き方の無限の多様性である
エッセイ『旅をする木』より。
人生はからくりに満ちている。日々の暮らしの中で、無数の人々とすれ違いながら、私たちは出会うことがない。その根源的な悲しみは、言いかえれば、人と人とが出会う限りない不思議さに通じている
エッセイ『旅をする木』より。
僕が暮らしているここだけが世界ではない
エッセイ『旅をする木』より。後にこう続く。「さまざまな人々が、それぞれの価値観をもち、遠い異国で自分と同じ一生を生きている。つまりその旅は、自分が育ち、今生きている世界を相対化して視る目を与えてくれた。それは大きなことだった」。
短い一生で心魅かれることに多くは出合わない。もし見つけたら大切に、大切に…
1996年1月、NHK『知るを楽しむ』より。 
緊張感を持って生きる喜び
2006年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

星野翔馬(ほしのしょうま)
星野道夫の息子にあたる。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

星野道夫関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

星野道夫関連の人物

千葉県出身の人物

星野道夫と同じ千葉県の生まれで、昭和に活躍した人物たち。

地井武男

地井武男

浜田幸一

浜田幸一

滝口順平

滝口順平

野平祐二

野平祐二

森矗昶

森矗昶

鈴木真砂女

鈴木真砂女

市原悦子

市原悦子

鈴木紀夫

鈴木紀夫

伊藤アキラ

伊藤アキラ

山崎晃嗣

山崎晃嗣

昭和の人物 人気ランキング

1位 (279view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
2位 (277view)
高野悦子その他
20歳で自殺した立命館大学の大学生。弟と姉がいる。学生運動がピークを迎えて...
高野悦子
3位 (199view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
4位 (175view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
5位 (159view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
6位 (155view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子
7位 (115view)
岡真史芸術文化
12歳で夭折した少年。 作家の高史明の息子であり、父の影響からか幼い頃か...
岡真史
8位 (102view)
太地喜和子芸能人
本名の読み方は「だいじきわこ」。1959年に東映ニューフェイス第6期に合格...
太地喜和子
9位 (100view)
出光佐三財界人・経営者
石油元売会社・出光興産の創業者。神戸高等商業学校(現・神戸大学)を卒業後、...
出光佐三
10位 (96view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰
11位 (94view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
12位 (90view)
牧野富太郎学者・教育者
「日本の植物学の父」と呼ばれる植物学者。その生涯において、40万枚以上の標...
牧野富太郎
13位 (84view)
山田かまち芸術文化
夭折の画家、詩人。 17歳(高校1年生)で亡くなった後、山田かまちが書き...
山田かまち
14位 (76view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
15位 (71view)
鈴木真砂女芸術文化
俳人。本名は鈴木まさ。情熱の女流俳人として老いてなお恋の句を多数詠み、多く...
鈴木真砂女
16位 (66view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
17位 (65view)
牛島辰熊スポーツ選手
史上最強といわれる柔道家・木村政彦の師匠。 牛島自身も全日本選士権連覇(...
牛島辰熊
18位 (60view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
19位 (58view)
沖雅也芸能人
ドラマ『太陽にほえろ』や『俺たちは天使だ!』『必殺仕置人』に出演し、70年...
沖雅也
20位 (56view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
21位 (53view)
岡田有希子芸能人
「ポスト松田聖子」といわれたアイドル。愛称は「ユッコ」。本名は佐藤佳代。幼...
岡田有希子
22位 (50view)
戸川京子芸能人
女優、タレント、ミュージシャン。姉は歌手の戸川純。5歳の時に劇団ひまわりに...
戸川京子
23位 (50view)
和田勉芸術文化
演出家、映画監督。本名は「わだつとむ」。 1953年にNHKに入局。テレビ...
和田勉
24位 (48view)
竹鶴政孝財界人・経営者
「日本ウイスキーの父」とよばれるニッカウヰスキーの創業者。平成26年度後期...
竹鶴政孝
25位 (48view)
白鳥由栄犯罪者
4回の脱獄をしたことで知られ『昭和の脱獄王』の異名を持つ受刑者。うち、1回...
白鳥由栄

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook