阿部定

阿部定

あべさだ

ジャンル
犯罪者
出身
東京都
生年月日
1905年5月28日
没年月日
0000年0月0日
年齢
不明

日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く畳店の末娘として生まれ、近所でも評判の美少女として育った。しかしその後、家庭内の問題などからしだいに不良少女となり、17歳の時、芸妓となった。やがて娼婦に身を落とし各地を転転とする生活を送ったのち、東京・中野の料亭「吉田屋」で「田中加代」の偽名を使って女中として働くようになる。吉田屋の主人・石田吉蔵とやがて愛人関係になった阿部定は、1936年5月18日、東京市荒川区の待合で石田を扼殺し、その局部を切り取り、石田のシャツやステテコとともに持ち去った。阿部定は石田の血でシーツに「定、石田の吉二人キリ」と書き、さらに石田の左腕に「定」の文字を刻んだ。この猟奇的な事件は報道されるやいなや世間を騒然とさせ、「阿部定パニック」と呼ばれる騒動となった。犯人である阿部定は逃走していたが、事件の2日後に逮捕された。1941年、恩赦により出所。その後、「吉井昌子」という名で生活していたが、阿部定であるという事実を隠し続けることはできなかった。芸者やホステス、仲居などをしたのち、おにぎり屋「若竹」を経営、しかし、1970年3月、忽然と姿を消し消息を絶った。生死は今なお不明。愛に生きた阿部定の生き方は多くの作家を魅了し、織田作之助は「阿部定事件」を基に小説『妖婦』を執筆、坂口安吾は雑誌『座談』で阿部定本人と対談をしている。

阿部定を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19050528 0歳 阿部定、生まれる
19360518 30歳 阿部定事件が起こる
19360520 30歳 阿部定、逮捕される

阿部定をチェックした人はこんな人物もチェックしています

阿部定にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 高橋お伝
    [その他] 高橋お伝
    『明治の毒婦』と呼ばれた阿部定と並ぶ毒婦。たびたび作品化される
    55歳年上
  • 織田作之助
    [その他] 織田作之助
    1947年、阿部定事件を基にした小説『妖婦』を発表した
    8歳年下
  • 坂口安吾
    [その他] 坂口安吾
    無頼派の作家。1946年12月、文藝春秋社『座談』にて阿部定と対談
    1歳年下
  • 土方巽
    [その他] 土方巽
    暗黒舞踏を確立した人物。阿部定に心酔し、定が晩年開いた飲食店に通いつめた
    23歳年下
  • 大島渚
    [その他] 大島渚
    阿部定事件をもとにした映画『愛のコリーダ』を監督
    27歳年下

関連商品

関連する商品を紹介します。

阿部定の関連商品は見当たりませんでした…。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

阿部定の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

阿部定のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

阿部定が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

そうね、人間一生に一人じゃないかしら、好きになるのは。ちょっと浮気とか、ちょっといいなあと思うのはあるでしょうね、いっぱい。それは人間ですからね。けどね、好きだからというのは一人…
映画『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』(1969年公開、監督・石井輝男)に出演した際に語った言葉。
あの人が生きていれば外の女に触れることになるでしょう。殺してしまえば、外の女が指一本触れなくなりますから、殺してしまったのです
第1回訊問より。前文は以下。「私はあの人が好きで堪らず、自分で独占したいと思い詰めた末、あの人は私と夫婦でないから、あの人が生きていれば外の女に触れることになるでしょう。殺してしまえば、外の女が指一本触れなくなりますから、殺してしまったのです。」

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

阿部定の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

阿部定関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

阿部定関連の人物

同じ年に亡くなった人物

阿部定と同じ0000年に亡くなった人物たち。

昭和の人物 人気ランキング

1位 (495view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
2位 (256view)
江戸家猫八 (3代目)芸能人 / 芸術文化
昭和期に人気を集めた物真似師。古川ロッパ一座で俳優として修行をつみ、後に父...
江戸家猫八 (3代目)
3位 (112view)
糸川英夫学者・教育者
「宇宙開発の父」「ロケット博士」と呼ばれる航空工学、宇宙工学のスペシャリス...
糸川英夫
4位 (108view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
5位 (102view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
6位 (102view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
7位 (88view)
笠智衆芸能人
映画俳優。生家は浄土真宗の寺で「笠智衆」は本名。『東京物語』をはじめ小津安...
笠智衆
8位 (87view)
秋山徳蔵その他
「天皇の料理番」と呼ばれた料理人。幼少の頃に禅寺に修行に出され、その後、華...
秋山徳蔵
9位 (63view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
10位 (61view)
杉村春子芸能人
日本の演劇界、映画界に多大な足跡を残した大女優。築地小劇場(のちの俳優座)...
杉村春子
11位 (55view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
12位 (51view)
三橋美智也芸能人
民謡をベースにした実力を持つ演歌歌手。ミッチーの愛称でファンから親しまれ、...
三橋美智也
13位 (48view)
池波正太郎芸術文化
戦後日本を代表する時代小説、歴史小説家。代表作は『鬼兵犯科帳』『剣客商売』...
池波正太郎
14位 (39view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
15位 (39view)
柳田國男学者・教育者
日本における民俗学のパイオニアとなった民俗学者。東京帝国大学(現・東京大学...
柳田國男
16位 (37view)
森田勝スポーツ選手
山にとりつかれ山で死んだ孤高の登山家。少年時代に山と出会い、1959年、東...
森田勝
17位 (36view)
高田好胤その他
「薬師寺の名物管長」と呼ばれた法相宗の僧。本名は高田好一。写経勧進というユ...
高田好胤
18位 (36view)
村上信夫その他
「ムッシュ村上」の愛称で親しまれ、料理番組『今日の料理』の名物講師として本...
村上信夫
19位 (34view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
20位 (32view)
嵐寛寿郎芸能人
「アラカン」の愛称で親しまれた銀幕の大スター。映画プロデューサーでもある。...
嵐寛寿郎
21位 (31view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
22位 (30view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
23位 (29view)
シルヴィア芸能人
ムード歌謡歌手。本名は松田理恵子(まつだりえこ)。ロス・インディオス&シル...
シルヴィア
24位 (28view)
中川勝彦芸能人
80年代に活躍したマルチタレント(ミュージシャン、俳優、声優など)。娘は「...
中川勝彦
25位 (26view)
寺山修司芸術文化
演劇実験室「天井桟敷」の主宰。 24歳のときにラジオドラマ『大人狩り』の...
寺山修司

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook