No Image

織田幹雄

おだみきお

ジャンル
スポーツ選手
出身
広島県
生年月日
1905年3月30日
没年月日
1998年12月2日
年齢
満93歳没

アムステルダムオリンピック(1928年)の三段跳金メダリスト。日本人初のオリンピック金メダリストであり、個人での金メダル獲得はアジア人としても初となる快挙であった。「陸上の神様」「日本陸上界の父」とも呼ばれる。 子どもの頃から足が速かった織田が陸上の世界に入ったのは中学3年生の時。アントワープ五輪で十種競技の日本代表となった陸上選手・野口源五郎が開いた講演会に参加したことがきっかけとう。この時に織田は野口の前で走高跳びを披露し、そのジャンプを褒められたことが陸上選手となるきっかけになったそう。 十代の頃から頭角を現し、第6回極東選手権に日本代表として選出されると初の国際大会出場にも関わらず走り幅跳と三段跳で優勝、「ジャンプの麒麟児」と新聞を騒がせた。1924年(大正13年)にはパリオリンピックに出場、三段跳で日本新記録を更新し、日本陸上初の入賞を果たした(6位)。その後、早稲田高等学院(現・早稲田大学高等学院)へ進学し、競走部に入り、在学中にもさまざまな記録を残した。 1928年(昭和3年)早稲田大学商学部に在学中の織田は日本代表としてアムステルダムオリンピックに出場、三段跳予選で15m21cmの記録を出しトップ通過、この記録をもって日本人初となる金メダルを獲得した。なおこの快挙の6日後、競泳男子200m平泳ぎで鶴田義行も金メダルを獲得した。当時はまだ表彰セレモニーはなく国旗掲揚はあった。しかし主催者サイドにとって日本人優勝は想定外だったのか日本の国旗が用意されていなかった。そこで織田は持参した日の丸をスタッフに渡しそれを掲げさせたが、他国より4倍も大きく外国勢を驚かせた。 その後も第一線で活躍を続けた織田は1932年(昭和7年)のロス五輪では日本選手団の旗手を務めたが記録は振るわず、五輪後、第一線から退いた。 戦後は指導者として世界で活躍できる選手の育成に力を注いだほか、海外に遠征し積極的に新しい技術や指導法を収集、既存の強化システムを大きく変えるなどトレーニングの近代化を図った。1964年に開催され他東京オリンピックでは陸上競技日本代表総監督を務めた。ちなみにマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉にマラソンへ転向するよう勧めたのは織田である。 日本人初の金メダル獲得という織田の偉業を記念し、1958年(昭和33年)に開場した国立霞ヶ丘陸上競技場には高さ15m21cmの「織田ポール」が立てられた。東京オリンピックの会期中にはポールにオリンピック旗が掲げられた。しかし、2019年(令和元年)に完成した新国立競技場に織田ポールの姿はなくなる。 生涯、後進の指導と選手育成に尽力した織田は晩年、妻の死をきっかけに神奈川県三浦市の自宅から藤沢市の鵠沼にある有料老人ホームに転居、1998年(平成10年)12月2日、鎌倉の病院にて死去。同月25日、国立競技場でお別れの会が開かれた。晩年の織田は色紙に好んで「強いものは美しい」という言葉を書いたという。

織田幹雄を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

織田幹雄の年表はまだ作成されていません。もう少々お待ちください…。

織田幹雄をチェックした人はこんな人物もチェックしています

織田幹雄にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

織田幹雄にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

織田幹雄の写真は見当たりませんでした…。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

織田幹雄の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

織田幹雄のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

織田幹雄が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

織田幹雄の名言は見つかりませんでした…。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

織田幹雄の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

織田幹雄関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

織田幹雄関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (1177view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
2位 (527view)
井深大財界人・経営者
昭和の実業家。盛田昭夫とともにソニー創業者の一人である。
井深大
3位 (458view)
吉田茂政治家
昭和を代表する政治家。 優れた政治感覚で戦後日本を牽引し、復興の礎を築いた。
吉田茂
4位 (433view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
5位 (369view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
6位 (341view)
浪花千栄子芸能人
昭和の女優。2020年度後期放送のNHK朝ドラ『おちょやん』のヒロインのモ...
浪花千栄子
7位 (261view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
8位 (220view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
9位 (161view)
川口浩芸能人 / その他
シリーズ全43回、7年間もの長寿人気番組となった『川口浩探検隊』の隊長とし...
川口浩
10位 (159view)
太宰治芸術文化
昭和の小説家。太宰治はペンネームであり、本名は津島修治。
太宰治
11位 (96view)
吉川英治芸術文化
昭和を代表する大衆小説家。 『宮本武蔵』『新・平家物語』『私本太平記』『...
吉川英治
12位 (95view)
白洲正子芸術文化
随筆家。夫は白洲次郎である。薩摩藩士で伯爵の樺山家に生まれ幼少期からの教育...
白洲正子
13位 (92view)
花菱アチャコ芸能人
大正から昭和にかけて人気を博した漫才師、喜劇俳優。本名は藤木徳郎。15歳の...
花菱アチャコ
14位 (90view)
山崎富栄その他
小説家・太宰治とともに入水自殺を遂げた美容師。父・山崎晴弘は日本発の美容学...
山崎富栄
15位 (85view)
田端義夫芸能人
歌手。愛称は「バタヤン」。戦後三羽烏のひとり(ほか、岡晴夫、近江俊郎)とし...
田端義夫
16位 (82view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
17位 (78view)
松下幸之助財界人・経営者 / 学者・教育者
昭和の実業家。パナソニック(旧・松下電器産業株式会社)の創業者である。 ...
松下幸之助
18位 (72view)
沢村貞子芸能人
女優、随筆家。本名は大橋貞子(ていこ)。俳優の長門裕之・津川雅彦兄弟は甥に...
沢村貞子
19位 (70view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
20位 (69view)
秋山徳蔵その他
「天皇の料理番」と呼ばれた料理人。幼少の頃に禅寺に修行に出され、その後、華...
秋山徳蔵
21位 (64view)
盛田昭夫財界人・経営者
昭和の実業家。井深大とともにソニー創業者の一人である。
盛田昭夫
22位 (63view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰
23位 (63view)
三橋美智也芸能人
民謡をベースにした実力を持つ演歌歌手。ミッチーの愛称でファンから親しまれ、...
三橋美智也
24位 (62view)
金子みすゞ芸術文化
26歳の若さで早世した童謡詩人。活動時期は短いものの、代表作「わたしと小鳥...
金子みすゞ
25位 (53view)
小山初代その他
小説家・太宰治の内縁の妻。芸妓としての名は紅子。太宰の小説『東京八景』『姥...
小山初代

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook