西城秀樹

西城秀樹

さいじょうひでき

ジャンル
芸能人
出身
広島県
生年月日
1955年4月13日
没年月日
2018年5月16日
年齢
満63歳没

日本の歌手、俳優。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれ、70年代に男性トップアイドルとして絶大な人気を誇った。愛称は「ヒデキ」。本名は木本龍雄(きもと たつお)。事務所はアースコーポレーション。 父親の影響で幼少期から洋楽に親しみ、エレキギターやベース、ドラムを学んだ。小学生の頃からミュージシャンを目指し、小学生ドラマーとして活動、中学以降もバンド活動を続け、岩国基地などのライブハウスで演奏した。高校生の時、レギュラーバンドをしていた喫茶店で歌っていたところをスカウトされ、家出同然で上京、1972年に「恋する季節」でデビューした。同年発売された「チャンスは一度」で一躍トップアイドルの仲間入りを果たすと、以後、次々にヒット曲を連発、オリコンベストテンに11年連続、計33曲がランクインするなど怒涛の快進撃を続けた。“絶唱型”と呼ばれる情熱的な歌唱法は特に多くの女性ファンのハートをつかみ、熱狂的ファンを生んだ。その人気は日本国内に留まらず、香港でコンサートを行うなど日本人歌手のアジア進出の先駆者となった。代表曲に『傷だらけのローラ』『ヤングマン(Y・M・C・A)』などがある。スタジアムでワンマンライブを行ったのは西城秀樹が日本初で、俳優としても活躍し、大人気テレビドラマ『寺内貫太郎一家』や映画『愛と誠』などに出演したほか、「ヒデキ、感激!!」のフレーズで親しまれた「ハウス バーモントカレー」など多数のCMにも出演した。また、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマ『走れ正直者』もヒット曲となった。ちなみに、『ちびまる子ちゃん』の主人公まる子の姉さきこは西城秀樹の大ファンとして有名。作者さくらももこも西城の大ファンであり、原作でもアニメでもたびたび西城秀樹にちなんだエピソードが登場した。2001年に脳梗塞を発症し入院して以降、2003年と2011年にも脳梗塞が再発、妻の献身的支えのもと苦しいリハビリを重ね復帰を果たし、2018年4月14日には栃木県足利市で開催されたコンサートに出演し、63歳の誕生日を出演者たちから祝福された。しかし、そのわずか数日後、自宅で突然倒れて救急搬送され懸命な治療が行われたが、同年5月16日に神奈川県の病院で他界した。死因は急性心不全。「新御三家」のメンバーである郷ひろみと野口五郎をはじめ多くの関係者やファンが見守るなか行われた告別式では、出棺の際に西城のヒット曲である『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』や『ブルースカイブルー』が流され、ファンらは「ヒデキ!」コールで伝説的アイドルを見送った。なお、西城秀樹には3人の子供がいる。

西城秀樹を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

西城秀樹の年表はまだ作成されていません。もう少々お待ちください…。

名作

西城秀樹が携わった、昭和史に残る名作を紹介します。

西城秀樹をチェックした人はこんな人物もチェックしています

西城秀樹にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 樹木希林
    [盟友] 樹木希林
    女優。昭和の傑作ドラマ『寺内貫太郎一家』にて西城と共演
    12歳年上
  • 久世光彦
    [盟友] 久世光彦
    名演出家・プロデューサー。久世がプロデュースのドラマ『寺内貫太郎一家』に西条が出演した
    20歳年上

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

西城秀樹の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

西城秀樹のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

西城秀樹が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

西城秀樹の名言は見つかりませんでした…。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

西城秀樹の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

西城秀樹関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

西城秀樹関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (3708view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
2位 (451view)
古賀政男芸術文化
「古賀メロディ」と呼ばれる4000とも5000曲ともいわれる膨大な数の曲を...
古賀政男
3位 (438view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
4位 (400view)
白洲正子芸術文化
随筆家。夫は白洲次郎である。薩摩藩士で伯爵の樺山家に生まれ幼少期からの教育...
白洲正子
5位 (325view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
6位 (308view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
7位 (227view)
浪花千栄子芸能人
昭和の女優。2020年度後期放送のNHK朝ドラ『おちょやん』のヒロインのモ...
浪花千栄子
8位 (219view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
9位 (193view)
高峰三枝子芸能人
昭和を代表する女優。また、歌手として映画主題歌のレコードを出したことで、「...
高峰三枝子
10位 (183view)
忌野清志郎芸能人
バンド『RCサクセション』のボーカルとしてデビュー。 1970年代から2...
忌野清志郎
11位 (170view)
三浦環芸術文化
オペラ『蝶々夫人』の蝶々夫人役で国際的名声を博したオペラ歌手。その演技には...
三浦環
12位 (143view)
太地喜和子芸能人
本名の読み方は「だいじきわこ」。1959年に東映ニューフェイス第6期に合格...
太地喜和子
13位 (134view)
藤山一郎芸能人
『酒は涙か溜息か』『青い山脈』『長崎の鐘』などのヒット曲を歌った国民的歌手...
藤山一郎
14位 (124view)
太宰治芸術文化
昭和の小説家。太宰治はペンネームであり、本名は津島修治。
太宰治
15位 (119view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰
16位 (94view)
木暮実千代芸能人
350本以上もの映画に出演した女優。本名は和田つま。夫は20歳年上の従兄・...
木暮実千代
17位 (90view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
18位 (90view)
山田耕筰芸術文化
世界にその名を知られた歴史に残る作曲家。「山田耕作」ともよく表記される。親...
山田耕筰
19位 (85view)
菊田一夫芸術文化
昭和を代表する劇作家・演出家、作詞家。本名は菊田数男。名作『がしんたれ』『...
菊田一夫
20位 (80view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
21位 (70view)
大瀧詠一芸術文化
シンガーソングライター。細野晴臣、松本隆、鈴木茂と結成したバンド『はっぴい...
大瀧詠一
22位 (67view)
中島敦芸術文化
小説家。代表作の『山月記』『李陵』は教科書に採用されたことからよく知られて...
中島敦
23位 (67view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
24位 (64view)
美空ひばり芸能人
昭和を代表する歌手・女優。本名は加藤和枝(かとうかずえ)。御嬢(おじょう)...
美空ひばり
25位 (60view)
佐藤慶芸能人
俳優。本名は佐藤慶之助。俳優座養成所に第4期生として芝居のキャリアをスター...
佐藤慶

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook