津川雅彦

津川雅彦

つがわまさひこ

ジャンル
芸能人 / 芸術文化
出身
京都府
生年月日
1940年1月2日
没年月日
2018年8月4日
年齢
満78歳没

日本映画界を代表する名優。「マキノ雅彦」名義で監督もした。所属事務所グランパパプロダクションの代表取締役でもある。本名は加藤雅彦。父は俳優の澤村国太郎、母は女優のマキノ智子、母方の祖父は「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三という芸能一家に生まれた(いわゆる「マキノ家」)。兄は俳優の長門裕之。ちなみにお笑い芸人の宮川大輔は遠縁にあたる。 幼い頃には子役として数本の映画に出演、本格的デビューは早稲田大学高等学院在学中の16歳の時で、石原祐次郎主演の日活映画『狂った果実』がデビュー作となる。この時、「津川雅彦」という芸名を石原慎太郎から与えられた。映画の大ヒットによりいきなり若くして人気俳優となる。若い頃の津川雅彦は絵に描いたような美男子で、二枚目スタートして脚光を浴びた。1958年に松竹へ移籍。しかしヒット作に恵まれず、低迷期を過ごす。1972年(昭和47年)のテレビドラマ『必殺仕掛人』で演じた個性的な悪役はそれまでの正統派イメージをくつがえすインパクトがあり、これが転機となり再び人気俳優となった。以降、『必殺シリーズ』の常連悪役として人気を博す。その後、膨大な作品数の映画やテレビに出演し、日本を代表する名優となった。映画『マルサの女』や『スーパーの女』などで知られる伊丹十三作品には常連として出演、ジェームス三木の作品の常連でもあった。時代劇への出演も数多く、特に徳川家康をはじめとする徳川将軍の役を演じることが多かった。人気ドラマ『相棒』をはじめ、兄・長門裕之とも度々共演している。 映画監督「マキノ雅彦」としては『寝ずの番』『次郎長三国志』『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』の3作品で監督をつとめた。 私生活においては、1973年(昭和48年)に女優の朝丘雪路と結婚、「芸能界一のおしどり夫婦」と呼ばれるほど仲が良かった。ひとり娘の真由子も女優。なお、娘の真由子は幼い頃に誘拐されたことがあり、その事件は「津川雅彦長女誘拐事件」として世間を騒然とさせた(誘拐から2日後に救出)。 俳優以外にも事業家として顔も持ち、「グランパパ」のオーナーとしておもちゃや絵本の販売も行っていた。しかし、経営難により多額の借金を負った。また、廃線となっていた北海道の旧国鉄広尾線を「幸福鉄道」として蘇らせた。イギリス・スコットランドの古城「ロックハート城」の名誉城主でもある。 過激な政治主張を行う論客としても有名で、ブログでも度々政治的発言をしていたほか、討論番組『たかじんのそこまで言って委員会』のレギュラーパネリストとして意見をぶつけ合う姿を見せた。 2018年(平成30年)8月4日、都内の病院にて死去。死因は心不全。妻・朝丘雪路の死から3ヶ月も経たないうちの死であった。同年11月21日には青山葬儀所にて夫婦合同のお別れの会が開かれ、親交のあった安倍晋三首相や黒柳徹子、奥田瑛二ら多くの関係者やファンが最後の別れに訪れた。 2019年2月3日に放送されたテレビドラマ『松本清張ドラマスペシャル「疑惑」』が遺作となった。

津川雅彦を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

津川雅彦の年表はまだ作成されていません。もう少々お待ちください…。

名作、

津川雅彦が携わった、昭和史に残る名作、を紹介します。

、名作

津川雅彦が携わった、昭和史に残る、名作を紹介します。

津川雅彦をチェックした人はこんな人物もチェックしています

津川雅彦にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 朝丘雪路
    [妻] 朝丘雪路
    女優・歌手。津川との仲は「芸能界一のおしどり夫婦」として有名だった
    5歳年上

学歴

出身大学や高校などを紹介。

津川雅彦の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

津川雅彦のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

津川雅彦が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

津川雅彦の名言は見つかりませんでした…。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

津川雅彦の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

津川雅彦関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

津川雅彦関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (1013view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
2位 (449view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
3位 (344view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
4位 (280view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
5位 (220view)
猫田勝敏スポーツ選手
男子バレーボール選手。オリンピック4退会連続出場を果たし、金・銀・銅の3つ...
猫田勝敏
6位 (190view)
太宰治芸術文化
昭和の小説家。太宰治はペンネームであり、本名は津島修治。
太宰治
7位 (155view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
8位 (130view)
川端康成芸術文化
昭和の小説家。1968年、日本人初のノーベル文学賞を受賞。 代表作は、『...
川端康成
9位 (105view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
10位 (98view)
佐藤慶芸能人
俳優。本名は佐藤慶之助。俳優座養成所に第4期生として芝居のキャリアをスター...
佐藤慶
11位 (78view)
山崎富栄その他
小説家・太宰治とともに入水自殺を遂げた美容師。父・山崎晴弘は日本発の美容学...
山崎富栄
12位 (72view)
岸田劉生芸術文化
大正から昭和初期にかけて活躍した洋画家。娘・麗子をモデルとした『麗子五歳之...
岸田劉生
13位 (71view)
高峰三枝子芸能人
昭和を代表する女優。また、歌手として映画主題歌のレコードを出したことで、「...
高峰三枝子
14位 (71view)
堤康次郎政治家 / 財界人
西武グループの創業者。摩擦を恐れずに土地取得・開発を推進させる剛腕ぷりから...
堤康次郎
15位 (67view)
大西鐡之祐スポーツ選手
早稲田大学ラグビー蹴球部監督、ラグビー日本代表監督を歴任した名将。1980...
大西鐡之祐
16位 (65view)
池波正太郎芸術文化
戦後日本を代表する時代小説、歴史小説家。代表作は『鬼兵犯科帳』『剣客商売』...
池波正太郎
17位 (65view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
18位 (64view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
19位 (64view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子
20位 (64view)
和田勉芸術文化
演出家、映画監督。本名は「わだつとむ」。 1953年にNHKに入局。テレ...
和田勉
21位 (61view)
松下幸之助財界人 / 学者・教育者
昭和の実業家。パナソニック(旧・松下電器産業株式会社)の創業者である。 ...
松下幸之助
22位 (60view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
23位 (56view)
三岸節子芸術文化
洋画家。夫は戦前のモダニズムを代表する画家のひとり三岸好太郎。89歳で女性...
三岸節子
24位 (50view)
長谷川一夫芸能人
二枚目俳優として絶大な人気を誇った大スター。戦前から戦後にかけて、映画、舞...
長谷川一夫
25位 (50view)
横溝正史芸術文化
日本を代表するミステリ作家。ボサボサ頭と人懐っこい笑顔が印象的な名探偵・金...
横溝正史

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook