中村勘三郎(18代目)

中村勘三郎(18代目)

なかむらかんざぶろう

ジャンル
芸能人
出身
東京都
生年月日
1955年5月30日
没年月日
2012年12月5日
年齢
満57歳没

伝統を重んじながらも常に新しい挑戦を続け、圧倒的な存在感と演技力、斬新なアイデアで観客を魅了した歌舞伎役者、俳優。前名の中村勘九郎は子役時代から46年間名乗っていた。本名は波野哲明(のりあき)。愛称は「のりちゃん」。屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。舞踊名は藤間勘暢(ふじまかんちょう)。父は名優として知られた17代目中村勘三郎、母は6代目尾上菊五郎の娘。長男は6代目中村勘九郎、次男は2代目中村七之助。妻・好江は7代目中村芝翫の次女で。9代目中村福助、3代目中村橋之助は義弟にあたる。初舞台は4歳の時に歌舞伎座で。5代目中村勘九郎を名乗って『昔噺桃太郎』の桃太郎を演じた。以後、舞台だけでなく映画やテレビなどにも子役として活躍、すでに天性の才能を発揮しており「天才少年」と呼ばれていた。若い頃からミュージカルなどさまざまな分野に意欲的に挑戦し、1994年には渋谷のシアターコクーンで「コクーン歌舞伎」を初上演、古典歌舞伎の新しい挑戦として歌舞伎ファンだけでなく幅広い世代から注目を集めた。200年には現代演劇の演出家・串田和美らと東京は浅草に「平成中村座」を立ち上げた。さらに、2001年には歌舞伎座で野田秀樹の脚本・演出による新作歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』を上演、同舞台は大評判を博し、第1回朝日舞台芸術賞グランプリに輝いた。また、ニューヨークをはじめ海外公演も積極的に行い、大胆な演出で海外の観客の度肝を抜くなど常に話題を提供し続けた。一方、地方公演にも積極的で、最後の舞台となったのも長野県松本市のまつもと市民芸術館で行われた『平成中村座 信州まつもと大歌舞伎』の『天日坊』であった。2010年に特発性両側性感音難聴を発症して漸く休養、その後、一度復帰するも、2012年に食道がんが見つかり療養生活に入る。手術を受け快方に向かっていたが、2012年12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため他界した。新しい歌舞伎座の完成を直前に届いた大スターの訃報は大勢のファンに衝撃と悲しみを与えた。私生活においては、幅広い交友関係の持ち主として有名で、特に藤山直美、渡辺えり子、宮藤官九郎、明石家さんま、佐藤浩市、笑福亭鶴瓶らと仲がよかった。また、華やかな女性関係も有名で、かつてミュージカルで共演した大竹しのぶに猛アプローチをかけたことがあり、そのせいで当時交際中だった大女優・太地喜和子と破局したことがあったという。

中村勘三郎(18代目)を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19550530 0歳 (あと57年) 中村勘三郎(18代目)、生まれる
20121205 57歳 中村勘三郎(18代目)、急性呼吸窮迫症候群のため死去

名作

中村勘三郎(18代目)が携わった、昭和史に残る名作を紹介します。

中村勘三郎(18代目)をチェックした人はこんな人物もチェックしています

中村勘三郎(18代目)にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

中村勘三郎(18代目)にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

中村勘三郎(18代目)の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

中村勘三郎(18代目)のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

中村勘三郎(18代目)が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

どんな面白いことになるか、いつも考えながら何かをつくり続け、誰かにバトンタッチしていく
2013放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

中村勘三郎(18代目)の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

中村勘三郎(18代目)関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

中村勘三郎(18代目)関連のタグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村勘三郎(18代目)関連の人物

同い年の人物

中村勘三郎(18代目)と同じ1955年に生まれた人物たち。

千代の富士貢
千代の富士貢
スポーツ選手
北海道
坂口良子
坂口良子
芸能人
北海道

昭和の人物 人気ランキング

1位 (429view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
2位 (338view)
笠置シヅ子芸能人
「ブギの女王」として一世を風靡した歌手、女優。本名は亀井静子。「松竹楽劇部...
笠置シヅ子
3位 (165view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
4位 (118view)
吉本せい財界人
「女今太閤」「女小林一三」と呼ばれた吉本興業の創業者、芸能プロモーター。荒...
吉本せい
5位 (102view)
乙羽信子芸能人
女優。夫は映画監督・新藤兼人。宝塚歌劇団26期生(同期は越路吹雪、月丘夢路...
乙羽信子
6位 (99view)
金田一春彦学者・教育者
言語学者、国語学者である。国語辞典の編纂や方言の研究で有名である。父は同じ...
金田一春彦
7位 (97view)
上村松園芸術文化
明治から昭和にかけて活躍した日本画家。本名は上村津禰(うえむらつね)、別名...
上村松園
8位 (97view)
大鵬幸喜スポーツ選手
前人未到の優勝回数32回を誇る「昭和の大横綱」と呼ばれた力士。第48代横綱...
大鵬幸喜
9位 (96view)
花菱アチャコ芸能人
大正から昭和にかけて人気を博した漫才師、喜劇俳優。本名は藤木徳郎。15歳の...
花菱アチャコ
10位 (91view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
11位 (88view)
太宰治芸術文化
昭和の小説家。太宰治はペンネームであり、本名は津島修治。
太宰治
12位 (86view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
13位 (85view)
諏訪根自子芸術文化
美貌の女性ヴァイオリニスト。本名は大賀根自子。夫は外交官だった大賀小四郎。...
諏訪根自子
14位 (78view)
松下幸之助財界人 / 学者・教育者
昭和の実業家。パナソニック(旧・松下電器産業株式会社)の創業者である。 ...
松下幸之助
15位 (71view)
三橋美智也芸能人
民謡をベースにした実力を持つ演歌歌手。ミッチーの愛称でファンから親しまれ、...
三橋美智也
16位 (70view)
忌野清志郎芸能人
バンド『RCサクセション』のボーカルとしてデビュー。 1970年代から2...
忌野清志郎
17位 (68view)
白鳥由栄犯罪者
4回の脱獄をしたことで知られ『昭和の脱獄王』の異名を持つ受刑者。うち、1回...
白鳥由栄
18位 (68view)
杉原千畝その他
「日本のシンドラー」とよばれる外交官。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナ...
杉原千畝
19位 (67view)
盛田昭夫財界人
昭和の実業家。井深大とともにソニー創業者の一人である。
盛田昭夫
20位 (55view)
横山エンタツ芸能人
「しゃべくり漫才」の礎を築いた花菱アチャコとのコンビ「エンタツ・アチャコ」...
横山エンタツ
21位 (48view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
22位 (47view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
23位 (47view)
堤康次郎政治家 / 財界人
西武グループの創業者。摩擦を恐れずに土地取得・開発を推進させる剛腕ぷりから...
堤康次郎
24位 (46view)
香淳皇后その他
昭和天皇の皇后。島津久光のひ孫、久邇宮朝彦親王(中川宮)の孫にあたる。平成...
香淳皇后
25位 (45view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook