坂口安吾

坂口安吾

さかぐちあんご

ジャンル
芸術文化
出身
新潟県
生年月日
1906年10月20日
没年月日
1955年2月17日
年齢
満48歳没

『堕落論』『白痴』などで時代の寵児となった無頼派の作家。本名は炳五(へいご)。純文学、歴史小説、推理小説、エッセイなど幅広いジャンルの作品を残し、その後の作家たちに多大な影響を与えた。幼い頃から破天荒な性格で、早くから小説や詩などに興味を持っていた。旧制中学在学中に、教室の自分の机に「余は偉大なる落伍者となって何時の日にか歴史の中によみがえるであろう」と彫ったという。戦後、『堕落論』『白痴』をはじめ『桜の森の満開の下』『デカダンス文学論』『不連続殺人事件』などの話題作を次々と発表、流行人気作家として活躍した。しかし、同じ無頼派の作家として活躍していた太宰治が自殺した頃から精神を病み、ヒロポンなどの薬物を大量に服用するようになり、奇行などが目立つようになった。1953年に長男が誕生し心機一転を図ろうとしていた矢先、1955年に脳出血により急死した。

坂口安吾を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19061020 0歳 (あと48年) 坂口安吾、生まれる
19550217 48歳 坂口安吾、脳出血のため死去

名作

坂口安吾が携わった、昭和史に残る名作を紹介します。

坂口安吾をチェックした人はこんな人物もチェックしています

坂口安吾にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

  • 檀一雄
    [友人・知人] 檀一雄
    作家。同じ無頼派として交流をもつ
    6歳年下
  • 阿部定
    [その他] 阿部定
    猟奇殺人「阿部定事件」の犯人。1946年12月、文藝春秋社『座談』にて安吾と対談した
    1歳年上
  • 林忠彦
    [その他] 林忠彦
    写真家。安吾や太宰など文士を撮影した作品で有名
    12歳年下

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

坂口安吾のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

坂口安吾が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

人生はつくるものだ。必然の姿などといふものはない
エッセイ『教祖の文学 --小林秀雄論--』より。以下続く。「人生はつくるものだ。必然の姿などといふものはない。歴史といふお手本などは生きるためにはオソマツなお手本にすぎないもので、自分の心にきいてみるのが何よりのお手本なのである。」
型も先例も約束もありはせぬ、自分だけの独自の道を歩くのだ。自分の一生をこしらへて行くのだ
エッセイ『教祖の文学 --小林秀雄論--』より。
生きるといふことは全くバカげたことだけれども、ともかく力いつぱい生きてみるより仕方がない
エッセイ『教祖の文学 --小林秀雄論--』より。
自分といふ人間は他にかけがへのない人間であり、死ねばなくなる人間なのだから、自分の人生を精いつぱい、より良く、工夫をこらして生きなければならぬ
エッセイ『教祖の文学 --小林秀雄論--』より。
手探りでうろつき廻り、悲願をこめギリギリのところを這ひまはつてゐる罰当りには、物の必然などは一向に見えないけれども、自分だけのものが見える。自分だけのものが見えるから、それが又万人のものとなる。芸術とはさういふものだ
エッセイ『教祖の文学 --小林秀雄論--』より。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

坂口綱男(さかぐちつなお)
坂口安吾の息子(長男)にあたる。カメラマン

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

坂口安吾関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

坂口安吾関連のタグ

坂口安吾関連の人物

同じ年に亡くなった人物

坂口安吾と同じ1955年に亡くなった人物たち。

宮武外骨
宮武外骨
芸術文化
香川県
安井曾太郎
安井曾太郎
芸術文化
京都府

新潟県出身の人物

坂口安吾と同じ新潟県の生まれで、昭和に活躍した人物たち。

ジャイアント馬場

ジャイアント馬場

田中角栄

田中角栄

三波春夫

三波春夫

大滝秀治

大滝秀治

会津八一

会津八一

小林古径

小林古径

諸橋轍次

諸橋轍次

飯田深雪

飯田深雪

No
Image

亀倉雄策

No
Image

飯田深雪

昭和の人物 人気ランキング

1位 (1380view)
吉行あぐりその他
昭和の美容師。1997年上期に放送されたNHKの朝の連続ドラマ小説『あぐり...
吉行あぐり
2位 (506view)
吉行淳之介芸術文化
小説家。対談やエッセイの名手としても有名。東京帝国大学を学費未納により除籍...
吉行淳之介
3位 (361view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
4位 (299view)
安藤百福財界人・経営者
日清食品株式会社の創業者。台湾生まれの在日中国人。 袋麺「チキンラーメン...
安藤百福
5位 (265view)
吉行エイスケ芸術文化
昭和初期に活動したダダイスト詩人。小説家。妻は吉行あぐり。吉行あぐりとの間...
No Image
6位 (263view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
7位 (239view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
8位 (161view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
9位 (149view)
フランク永井芸能人
低音ボイスで聴衆を魅了したムード歌謡歌手。本名は永井清人。幼い頃から歌手に...
フランク永井
10位 (139view)
昭和天皇その他
第124代天皇。
昭和天皇
11位 (133view)
大瀧詠一芸術文化
シンガーソングライター。細野晴臣、松本隆、鈴木茂と結成したバンド『はっぴい...
大瀧詠一
12位 (122view)
高田好胤その他
「薬師寺の名物管長」と呼ばれた法相宗の僧。本名は高田好一。写経勧進というユ...
高田好胤
13位 (109view)
湯川秀樹学者・教育者
日本人初のノーベル賞を受賞した理論物理学者。京都大学・大阪大学名誉教授で、...
湯川秀樹
14位 (85view)
淡谷のり子芸能人
「ブルースの女王」と呼ばれた歌手。日本におけるシャンソンの先駆者として知ら...
淡谷のり子
15位 (82view)
中村天風財界人・経営者 / その他
思想家、実業家。日本初のヨガ行者でもある。本名は中村三郎(なかむらさぶろう...
中村天風
16位 (80view)
白鳥由栄犯罪者
4回の脱獄をしたことで知られ『昭和の脱獄王』の異名を持つ受刑者。うち、1回...
白鳥由栄
17位 (75view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
18位 (74view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
19位 (72view)
香淳皇后その他
昭和天皇の皇后。島津久光のひ孫、久邇宮朝彦親王(中川宮)の孫にあたる。令和...
香淳皇后
20位 (69view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
21位 (60view)
力道山スポーツ選手
日本プロレス界の父。本名は百田光浩。 大相撲にて関脇まで昇進するも、みず...
力道山
22位 (59view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
23位 (59view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
24位 (58view)
太地喜和子芸能人
本名の読み方は「だいじきわこ」。1959年に東映ニューフェイス第6期に合格...
太地喜和子
25位 (57view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook