岡本太郎

岡本太郎

おかもとたろう

ジャンル
芸術文化
出身
神奈川県
生年月日
1911年2月26日
没年月日
1996年1月7日
年齢
満84歳没

「芸術は爆発だ!」「何だ、これは」のフレーズで知られる日本を代表する芸術家。代表作に1970年に大阪で開催された万国博覧会(通称:大阪万博)のシンボルタワー「太陽の塔」などがある。父は漫画家の岡本一平、母は小説家の岡本かの子という芸術家一家に生まれ、1929年から両親とともにフランスで10年間生活をした。このとき、岡本はピカソの作品に出会い強い衝撃を受け、本格的に芸術家の道を志すようになり、展覧会などに出品するようになった。1940年、第二次世界大戦の影響から帰国を余儀なくされ、以降、国内での活動に入り、「傷ましき腕」などの作品を二科展に出品、受賞した。戦時中は中国戦線に出征、終戦後、帰国してみるとアトリエや作品はすべて空襲で失われてしまっていた。岡本は新たなアトリエを上野に構え、再び制作活動に入る。そして、旧態依然としていた日本の芸術界に対し「絵画の石器時代は終わった。新しい芸術は岡本太郎から始まる」という挑戦的な宣言を新聞に発表、以後、自由で前衛的な芸術活動を展開し、絵画や彫刻をはじめ建築、プロダクトデザイン、舞台美術など幅広いジャンルで個性的な作品を発表していった。その一方、縄文土器に芸術としての価値を見出し、著書『縄文土器論』を発表したり、沖縄や東北の古い文化や伝統を再発見・再評価するなどプリミティブな芸術の見直す活動も行った。著書も多く、ベストセラーになった『今日の芸術 時代を創造するものは誰か』や『岡本太郎の眼』『忘れられた日本沖縄文化論』などがある。さらに70年代以降はテレビ出演も増え、バラエティ番組『鶴太郎のテレもんじゃ』ではレギュラーとして出演、NHK『ばら色の人生』では俳優として出演した。岡本没後の2003年9月、これまでメキシコで行方不明になっていた巨大壁画『明日の神話』が発見されるも損傷が激しかったが、その後、再生プロジェクトにより修復、2008年11月17日に東京・渋谷駅にて公開・恒久設置され話題となった。

岡本太郎を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19110226 0歳 (あと84年) 岡本太郎、生まれる
19960107 84歳 岡本太郎、急性呼吸不全のため死去

名作

岡本太郎が携わった、昭和史に残る名作を紹介します。

岡本太郎をチェックした人はこんな人物もチェックしています

岡本太郎にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

岡本太郎にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

岡本太郎の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

岡本太郎作「太陽の塔」は、大阪万博への反発から生まれた
1970年に開催された大阪万博のテーマが「人類の進歩と調和」だったことに反発した岡本太郎は、「それとは正反対のものをバーンとぶつけてやろう」と考えた。それが太陽の塔制作につながる。2004年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。

名言・最後の言葉

岡本太郎が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

調和=ぶつかりあうこと
2004年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。
抽象と現実のぶつかり合い引き裂かれた所に、人間の本当の存在がある
パリ留学中に。2004年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。
芸術は爆発だ
職業は人間
芸術は呪術だ
グラスの底に顔があっても良いじゃないか
うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない
著書『今日の芸術』より。
爆発は今も続いている
最晩年に残した言葉。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

岡本敏子(おかもととしこ)
岡本太郎の養女。事実上の妻である。岡本太郎記念館の館長。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

岡本太郎関連のタグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡本太郎関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (417view)
塩沢とき芸能人
独特なヘアスタイルと奇抜なサングラススタイルで知られる女優。本名および旧芸...
塩沢とき
2位 (314view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子
3位 (261view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
4位 (245view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
5位 (177view)
新珠三千代芸能人
女優。宝塚歌劇団33期生であり、娘役のトップスターとして活躍した。その後、...
新珠三千代
6位 (150view)
柳家金語楼芸能人
エノケン、ロッパに並ぶ三大喜劇人のひとり。
柳家金語楼
7位 (126view)
水の江瀧子芸能人
「男装の麗人」と呼ばれ「ターキー」の愛称で人気を博した女優、映画プロデュー...
水の江瀧子
8位 (123view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
9位 (120view)
藤山寛美芸能人
昭和史に残る上方の喜劇役者。松竹新喜劇の看板役者として、20年間1日も休む...
藤山寛美
10位 (105view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
11位 (97view)
諏訪根自子芸術文化
美貌の女性ヴァイオリニスト。本名は大賀根自子。夫は外交官だった大賀小四郎。...
諏訪根自子
12位 (95view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
13位 (95view)
高峰三枝子芸能人
昭和を代表する女優。また、歌手として映画主題歌のレコードを出したことで、「...
高峰三枝子
14位 (95view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
15位 (94view)
笠智衆芸能人
映画俳優。生家は浄土真宗の寺で「笠智衆」は本名。『東京物語』をはじめ小津安...
笠智衆
16位 (91view)
松下幸之助財界人 / 学者・教育者
昭和の実業家。パナソニック(旧・松下電器産業株式会社)の創業者である。 ...
松下幸之助
17位 (77view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
18位 (72view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
19位 (72view)
力道山スポーツ選手
日本プロレス界の父。本名は百田光浩。 大相撲にて関脇まで昇進するも、みず...
力道山
20位 (71view)
東條英機政治家 / 軍人
太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣として知られる。「東条英機」とも書く。 現...
東條英機
21位 (71view)
山口小夜子その他
ファッションモデル、ファッションデザイナー。パリコレにモデルとして出演する...
山口小夜子
22位 (63view)
横山やすし芸能人
漫才ブームの波に乗り「天才漫才師」と呼ばれた漫才師。本名は木村雄二(ゆうじ...
横山やすし
23位 (60view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
24位 (58view)
嵐寛寿郎芸能人
「アラカン」の愛称で親しまれた銀幕の大スター。映画プロデューサーでもある。...
嵐寛寿郎
25位 (58view)
渥美清芸能人
コメディアン、俳優。本名は田所康雄(たどころやすお)。 浅草のストリップ...
渥美清

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook