土門拳

土門拳

どもんけん

ジャンル
芸術文化
出身
山形県
生年月日
1909年10月25日
没年月日
1990年9月15日
年齢
満80歳没

戦後日本における代表的な写真家。「絶対非演出の絶対スナップ」を主張し、とことんまで「リアリズム」を追求した報道写真やスナップ、ポートレートで知られる。また、日本の伝統文化や美術に深い愛情をそそぎ、数多くの仏像や寺院を撮影、あまたの傑作写真を生み出した。代表的な写真集に『古寺巡礼』『室生寺』『筑豊のこどもたち』『骨董夜話』『ヒロシマ』などがある。妥協を許さない完全主義者として有名だった土門には撮影中の逸話が数多く残されており、たとえば、1941年に画家・梅原龍三郎を撮影した時のこと、納得のいく写真が撮れず何度も撮影を重ね続ける土門にしびれを切らした梅原が激昂し藤椅子を床に叩きつけた。しかし、土門はそれに動じることなくさらにはその怒りの表情を撮影しようとしたため、梅原のほうが根負けしたという。リアリズムを追求する土門は女性を撮影する際にも、顔のシワやシミを容赦なく撮影するため被写体から敬遠されることもあったといい、ソフトなタッチで女性からの受けもよかった写真家・木村伊兵家とたびたび比較される。土門は写真の才能だけでなく文才にも恵まれ、『死ぬことと生きること』『写真作法』『写真批評』『写真随筆』『拳眼』『拳心』『拳魂』など多くの著書も残している。さらに書もよくし、自著の題字なども多く手がけた。2度目の脳出血のあと半身不随となったが、土門は写真家として活動を続けたが、1979年、3度目の脳出血に倒れたあと意識不明となり、11年間の昏睡状態を経て他界した。

土門拳を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19091025 0歳 (あと80年) 土門拳、生まれる
19900915 80歳 土門拳、心不全のため死去

名作

土門拳が携わった、昭和史に残る名作を紹介します。

土門拳をチェックした人はこんな人物もチェックしています

土門拳にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

土門拳にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

土門拳の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

土門拳のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

土門拳が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

日本人としてのぼくは、どこの国よりも日本が大好きである。そして、日本的な現実に即して、日本的な写真を撮りたいと思っている
エッセイ『死ぬことと生きること』より。
撮っても意味がなくなるまで撮る
エッセイ『死ぬことと生きること』より。
アマチュア時代というものはぼくには一日もなかったのだ。ぼくは最初からプロだったのだ
エッセイ『死ぬことと生きること』より。
いい写真というものは、写したのではなく、写ったのである。計算を踏みはずした時にだけ、そういういい写真が出来る。ぼくはそれを鬼が手伝った写真と言っている
エッセイ『死ぬことと生きること』より。
一番大事なことは、ギリギリまで待つことなんだ
土門拳がよく語っていた言葉。
気力は眼に出る。生活は顔色に出る。年齢は肩に出る。教養は声に出る
エッセイ『死ぬことと生きること』より。
ぼくはうまくいかなくても撮るし、うまくいっても撮る
後にこう続く。「一度シャッターを切り始めたら、トコトンまで撮らずにはいられなくなる。撮ることによって精神の充足を感じ、生理的な快感を覚えてくる。殊にモチーフのコンディションが悪かったり、相手の人物の機嫌が悪かったりすると、ゾクゾクするほど嬉しくなり張り切ってくる。」
風景に向かって手も足も出ない、そのまま撮ってくるというようなやり方では、新しい今の風景写真は作れない。作者自身の日本の風土というものに対し、民族というものに対し、伝統というものに対してはっきりした定見をもっていかなければ撮れない

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

土門拳の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

土門拳関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

土門拳関連のタグ

土門拳関連の人物

山形県出身の人物

土門拳と同じ山形県の生まれで、昭和に活躍した人物たち。

池田成彬

池田成彬

井上ひさし

井上ひさし

成田三樹夫

成田三樹夫

昭和の人物 人気ランキング

1位 (1890view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
2位 (951view)
吉田茂政治家
昭和を代表する政治家。 優れた政治感覚で戦後日本を牽引し、復興の礎を築いた。
吉田茂
3位 (618view)
古賀政男芸術文化
「古賀メロディ」と呼ばれる4000とも5000曲ともいわれる膨大な数の曲を...
古賀政男
4位 (369view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
5位 (357view)
笠置シヅ子芸能人
「ブギの女王」として一世を風靡した歌手、女優。本名は亀井静子。「松竹楽劇部...
笠置シヅ子
6位 (322view)
白洲正子芸術文化
随筆家。夫は白洲次郎である。薩摩藩士で伯爵の樺山家に生まれ幼少期からの教育...
白洲正子
7位 (316view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
8位 (306view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
9位 (284view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
10位 (233view)
三岸節子芸術文化
洋画家。夫は戦前のモダニズムを代表する画家のひとり三岸好太郎。89歳で女性...
三岸節子
11位 (186view)
淡谷のり子芸能人
「ブルースの女王」と呼ばれた歌手。日本におけるシャンソンの先駆者として知ら...
淡谷のり子
12位 (178view)
三浦環芸術文化
オペラ『蝶々夫人』の蝶々夫人役で国際的名声を博したオペラ歌手。その演技には...
三浦環
13位 (155view)
浪花千栄子芸能人
昭和の女優。2020年度後期放送のNHK朝ドラ『おちょやん』のヒロインのモ...
浪花千栄子
14位 (132view)
池波正太郎芸術文化
戦後日本を代表する時代小説、歴史小説家。代表作は『鬼兵犯科帳』『剣客商売』...
池波正太郎
15位 (129view)
小倉遊亀芸術文化
昭和を代表する女流画家。上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受...
小倉遊亀
16位 (112view)
太地喜和子芸能人
本名の読み方は「だいじきわこ」。1959年に東映ニューフェイス第6期に合格...
太地喜和子
17位 (109view)
太宰治芸術文化
昭和の小説家。太宰治はペンネームであり、本名は津島修治。
太宰治
18位 (106view)
菊田一夫芸術文化
昭和を代表する劇作家・演出家、作詞家。本名は菊田数男。名作『がしんたれ』『...
菊田一夫
19位 (101view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
20位 (95view)
藤山一郎芸能人
『酒は涙か溜息か』『青い山脈』『長崎の鐘』などのヒット曲を歌った国民的歌手...
藤山一郎
21位 (94view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰
22位 (92view)
大瀧詠一芸術文化
シンガーソングライター。細野晴臣、松本隆、鈴木茂と結成したバンド『はっぴい...
大瀧詠一
23位 (74view)
渥美清芸能人
コメディアン、俳優。本名は田所康雄(たどころやすお)。 浅草のストリップ...
渥美清
24位 (69view)
中島敦芸術文化
小説家。代表作の『山月記』『李陵』は教科書に採用されたことからよく知られて...
中島敦
25位 (69view)
高峰三枝子芸能人
昭和を代表する女優。また、歌手として映画主題歌のレコードを出したことで、「...
高峰三枝子

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook