宮城道雄

宮城道雄

みやぎみちお

ジャンル
芸術文化
出身
兵庫県
生年月日
1894年4月7日
没年月日
1956年6月25日
年齢
満62歳没

作曲家、箏曲家である。十七絃の発明者として知られる。旧姓は菅(すが)。 8歳で失明し、生田流の2代目・中島検校に弟子入り。わずか11歳で免許皆伝となる。 その後クラシック音楽の影響を受けた作品を発表。『水の変態』『春の海』『越天楽変奏曲』などは、現代でも演奏される名曲である。一方で、日本古来の楽器の改良や新楽器の開発でも多大なる功績を残した。 最後は、夜行急行列車「銀河」から、転落して死去。事故か自殺かはいまだにはっきりしていない。

宮城道雄を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
18940407 0歳 (あと62年) 宮城道雄、生まれる
19560625 62歳 宮城道雄、死去

名作

宮城道雄が携わった、昭和史に残る名作を紹介します

宮城道雄の名作は見当たりませんでした…。

宮城道雄をチェックした人はこんな人物もチェックしています

宮城道雄にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

宮城道雄にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

関連商品

関連する商品を紹介します。

宮城道雄の関連商品は見当たりませんでした…。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

宮城道雄の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

宮城道雄のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

宮城道雄が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

(盲目の)自分の歩くところは狭いが耳や心に感じる天地は広い
先へ先へと進む一方 終始ふりかえって見ることを常に忘れないようにしている
随筆『邦楽に対する私の希望』より。
(盲目の)私は光という事に対しては他の人よりも一足さきへ死んでしまっているようなものであるが、せめて自分の気持ちの内側ではいつも明るく暮らしたいと思っている
随筆『山の声』より。
月並みな詩や音楽にあらわすよりも 自然の音に耳をかたむける方がどれだけ勝れた感興を覚えるか知れない。私たちがどんなに努力しても あの一つにも勝れたものは出来ないであろう
随筆『演奏会』より。
(箏曲家の)私のただ一つの望みは 寿命の来るまで相変わらず箏(そう)が弾けるようにと そればかり願っている
随筆『雨夜の駅』より。
上手に弾こうとするよりも悪い癖のつかないように心がけることが肝腎である
随筆『性格を表す音色』より。
慢心の出るのはまだ自分の芸が幼稚な証拠で、芸が進めば進むほど慢心は出来なくなるものである
随筆『筝と私』より。
日本では昔から師を思い、師はまた弟子を思う、その美しい心がやはり芸にも現れるのではないかと思う
随筆『雪』より。
人生には不幸を通ってくる幸福があるように、落ち葉のかなたには春の芽生が待っている
随筆『落ち葉をふんで』より。
私はときどき天地全体の音というようなものを耳で想像してみることがある
随筆『耳の生活』より。
謙遜のブレーキのかからない自信はやがて慢心となる
随筆『筝と私』より。
顔や姿に美人があるように(盲目の)私の耳には声の美人が聞こえてくる
随筆『伝統』より。
自分の芸を完成させるためには、自分の一生が二度会っても三度会っても足りないと思っている
随筆『山の声』より。
私は何ものにも囚われたくない、囚われるということは、一面には自ら亡びるということが暗示されているように、私は思うのである
随筆『音楽の世界的大勢と日本音楽の将来』より。
自然の音はまったく、どれもこれも音楽ではないものはない
随筆『音の世界』より。
私の人生は芸の旅で 命ある限り修行である
随筆『私の若い頃』より。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

宮城道雄の子孫は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

宮城道雄関連のタグ

宮城道雄関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (836view)
三遊亭圓楽 (5代目)芸能人
国民的長寿演芸番組『笑点』の4代目司会者として愛された落語家。歴代『笑点』...
三遊亭圓楽 (5代目)
2位 (223view)
西堀栄三郎学者・教育者 / その他
技術者として東芝技術本部長時代にて真空管を開発した。また統計的品質管理手法...
西堀栄三郎
3位 (176view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
4位 (154view)
高野悦子その他
20歳で自殺した立命館大学の大学生。弟と姉がいる。学生運動がピークを迎えて...
高野悦子
5位 (138view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
6位 (124view)
中川勝彦芸能人
80年代に活躍したマルチタレント(ミュージシャン、俳優、声優など)。娘は「...
中川勝彦
7位 (121view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
8位 (109view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
9位 (98view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
10位 (94view)
岡真史芸術文化
12歳で夭折した少年。 作家の高史明の息子であり、父の影響からか幼い頃か...
岡真史
11位 (87view)
山崎晃嗣財界人・経営者
「光クラブ事件」の中心人物。東京大学在学中に、金融会社である「光クラブ」を...
山崎晃嗣
12位 (86view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
13位 (75view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
14位 (74view)
大瀧詠一芸術文化
シンガーソングライター。細野晴臣、松本隆、鈴木茂と結成したバンド『はっぴい...
大瀧詠一
15位 (67view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
16位 (53view)
三橋美智也芸能人
民謡をベースにした実力を持つ演歌歌手。ミッチーの愛称でファンから親しまれ、...
三橋美智也
17位 (49view)
西口彰犯罪者
裁判所の判決文で『悪魔の申し子』とも形容された、戦後の犯罪史に残る連続殺人...
西口彰
18位 (46view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
19位 (43view)
たこ八郎スポーツ選手 / 芸能人
コメディアン、俳優。芸能界入りする前は、プロボクサーとして日本フライ級チャ...
たこ八郎
20位 (40view)
戸川京子芸能人
女優、タレント、ミュージシャン。姉は歌手の戸川純。5歳の時に劇団ひまわりに...
戸川京子
21位 (39view)
片岡千恵蔵芸能人
戦前から戦後の長きにわたり大スターとして君臨した俳優。本名は植木正義。息子...
片岡千恵蔵
22位 (36view)
嵐寛寿郎芸能人
「アラカン」の愛称で親しまれた銀幕の大スター。映画プロデューサーでもある。...
嵐寛寿郎
23位 (35view)
田端義夫芸能人
歌手。愛称は「バタヤン」。戦後三羽烏のひとり(ほか、岡晴夫、近江俊郎)とし...
田端義夫
24位 (34view)
岡田有希子芸能人
「ポスト松田聖子」といわれたアイドル。愛称は「ユッコ」。本名は佐藤佳代。幼...
岡田有希子
25位 (34view)
香月弘美芸能人
宝塚歌劇団月組で娘役だったタカラジェンヌ。本名は小笠原弘恵。1954年の「...
香月弘美

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook