湯川秀樹

湯川秀樹

ゆかわひでき

ジャンル
学者・教育者
出身
東京都
生年月日
1907年1月23日
没年月日
1981年9月8日
年齢
満74歳没

日本人初のノーベル賞を受賞した理論物理学者。京都大学・大阪大学名誉教授で、京都市名誉市民でもある。1943年には最年少で文化勲章を受章している。中間子の存在を1935年に理論的に予言、1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からπ中間子を発見したことで湯川理論の正しさが証明され、1949年にノーベル物理学賞を受賞した。この快挙は、敗戦後の日本に大いに元気を与える出来事となった。1981年、肺炎に心不全を併発し京都の自宅で死去した。

湯川秀樹を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

年月日 年齢(人生の残り時間) 内容
19070123 0歳 (あと74年) 湯川秀樹、生まれる
19810908 74歳 湯川秀樹、肺炎と心不全のため死去

湯川秀樹をチェックした人はこんな人物もチェックしています

湯川秀樹にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

湯川秀樹にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

写真

活躍していた当時の写真を紹介しています。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

湯川秀樹、曰く「理論物理学という学問は哲学に近い学問」
湯川秀樹はこう述べている。「理論物理学という学問は、簡単にいえば、私たちが生きているこの世界の、根本に潜んでいるものを探そうとする学問である。本来は、哲学に近い学問だ。」(書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。)
湯川秀樹は極度の整頓好きであった
私の机の中は、いつも整頓していた。家でも机の足が、畳の目に合っていないと、落ちつけない子であった。こういう細かい神経のゆらぎ——些細なことに対する厳密性の要求——を抑えるにも、私は長い間努力して来た。(書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。)
湯川秀樹の考える、学者と社会の関わりについて
「学問というものが、広く深い意味で、常に人間のためにあることは認められねばならない。思いがけない社会的関連も、生じるであろう。しかし、学問を尊重する気持が国民の間にあるのなら、学者はなるべく研究室に置いて、ことさら繁雑な世界にひき出さないようにしてほしいと思う。これは、私一人の注文ではないだろう。多分、多くの学者たちの切ない望みだと思って、代弁しているのである。私はもうずっと以前に、「名なしの権兵衛」ではなくなってしまっている。だれも、私をほうって置いてはくれない。利用価値があると思われること自体は、私に取って嬉しくないことはない。しかし、それが私にとって重荷であることもまた否定出来ない。」(書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。)

名言・最後の言葉

湯川秀樹が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

一日生きることは、一歩進むことでありたい
アイデアの秘訣は執念である
未知の世界を探求する人々は、地図を持たない旅行者である
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
先生に教えられた通りに、答えなければならない学問。そんなものに一生を託すのは、いやだ
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
私は孤独な人間である。そして我執の強い人間である
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
私の人生観の出発点は、自分が生きて喜び悲しんでいると同時に、自分のほかにも非常に多くの自分によく似た、しかしまた違ったところもある人たちが生きて喜び悲しんでいるということである
産経新聞『次代への名言』より。
自分はなんで将棋はあかなんだか、それは指し切りをするからや、人生というものは、指し切ってはあかんのや
産経新聞『次代への名言』より。梅原猛との対談。
先頭に立って走ることは非常に愉快なことでありまして、外国の学者をあとについてこさせたらいいんです。その方が楽でもある
産経新聞『【次代への名言】警世の科学者編』より。後にこう続く。「ところが反対にどこかの学者がさっと先頭を切った。こりゃいかんというので、あとについて走って行くのは非常にしんどいですね。研究費にしても(中略)こっちが一億円かける頃には、むこうは十億円をかけて先に走っているということになると、差は大きくなる一方ですね。(中略)その間に別の国の学者が別の方面で飛び出した。また、そのあとについて行く、というのでは始終しんどいばかりで、つまらんですね」
今日の真理が、明日否定されるかも知れない。それだからこそ、私どもは、明日進むべき道をさがし出すために、時々、昨日まで歩いてきたあとを、ふり返って見ることも必要なのである
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
学者として生きている限り、見知らぬ土地の遍歴者であり、荒野の開拓者でありたい
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
私の小世界の窓は,学問の世界の方に向ってしか開かれていなかった.しかし,その窓からは,私にとって十分すぎるほどの光がしじゅう入ってきた
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
人間の歩いている道が、どこで、どんな風にカーブするのか、あるいはどこで、岐れ道に出会うのか。それは容易に予測できない
書籍『旅人―湯川秀樹自伝』より。
天地(あめつち)は 逆旅なるかも 鳥も人も いづこよりか来て いづこにか去る
湯川秀樹作。
独創的なものは初めは少数派。多数というものは独創ではない
2004年放送、NHKのTV番組『あの人に会いたい』より。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

湯川春洋(ゆかわはるみ)
湯川秀樹の息子(長男)にあたる。近世演劇研究家。
湯川高秋
湯川秀樹の息子(次男)にあたる。講談社勤務。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

湯川秀樹関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

湯川秀樹関連のタグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯川秀樹関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (417view)
塩沢とき芸能人
独特なヘアスタイルと奇抜なサングラススタイルで知られる女優。本名および旧芸...
塩沢とき
2位 (314view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子
3位 (261view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
4位 (245view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
5位 (177view)
新珠三千代芸能人
女優。宝塚歌劇団33期生であり、娘役のトップスターとして活躍した。その後、...
新珠三千代
6位 (150view)
柳家金語楼芸能人
エノケン、ロッパに並ぶ三大喜劇人のひとり。
柳家金語楼
7位 (126view)
水の江瀧子芸能人
「男装の麗人」と呼ばれ「ターキー」の愛称で人気を博した女優、映画プロデュー...
水の江瀧子
8位 (123view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
9位 (120view)
藤山寛美芸能人
昭和史に残る上方の喜劇役者。松竹新喜劇の看板役者として、20年間1日も休む...
藤山寛美
10位 (105view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
11位 (97view)
諏訪根自子芸術文化
美貌の女性ヴァイオリニスト。本名は大賀根自子。夫は外交官だった大賀小四郎。...
諏訪根自子
12位 (95view)
市川雷蔵(8代目)芸能人
時代劇映画『眠狂四郎』シリーズで一世を風靡した歌舞伎役者、俳優。本名は太田...
市川雷蔵(8代目)
13位 (95view)
高峰三枝子芸能人
昭和を代表する女優。また、歌手として映画主題歌のレコードを出したことで、「...
高峰三枝子
14位 (95view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
15位 (94view)
笠智衆芸能人
映画俳優。生家は浄土真宗の寺で「笠智衆」は本名。『東京物語』をはじめ小津安...
笠智衆
16位 (91view)
松下幸之助財界人 / 学者・教育者
昭和の実業家。パナソニック(旧・松下電器産業株式会社)の創業者である。 ...
松下幸之助
17位 (77view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
18位 (72view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
19位 (72view)
力道山スポーツ選手
日本プロレス界の父。本名は百田光浩。 大相撲にて関脇まで昇進するも、みず...
力道山
20位 (71view)
東條英機政治家 / 軍人
太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣として知られる。「東条英機」とも書く。 現...
東條英機
21位 (71view)
山口小夜子その他
ファッションモデル、ファッションデザイナー。パリコレにモデルとして出演する...
山口小夜子
22位 (63view)
横山やすし芸能人
漫才ブームの波に乗り「天才漫才師」と呼ばれた漫才師。本名は木村雄二(ゆうじ...
横山やすし
23位 (60view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
24位 (58view)
嵐寛寿郎芸能人
「アラカン」の愛称で親しまれた銀幕の大スター。映画プロデューサーでもある。...
嵐寛寿郎
25位 (58view)
渥美清芸能人
コメディアン、俳優。本名は田所康雄(たどころやすお)。 浅草のストリップ...
渥美清

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook