愛川欽也

愛川欽也

あいかわきんや

ジャンル
芸能人
出身
東京都
生年月日
1934年6月25日
没年月日
2015年4月15日
年齢
満80歳没

「キンキン」の愛称で親しまれた俳優、司会者。本名は井川敏明(いかわとしあき)。妻はタレントで女優のうつみ宮土理。最初の結婚で2児の父となる(長男は俳優の井川晃一)。 巣鴨で生まれるが、国民学校4年の時に長野県の上田に学童疎開した。この時の経験をのちに講演会などで語っている。高校の通学路に映画館があったことがきっかけで映画に夢中になり俳優を目指すようになった。高校3年生の時、高校を中退、俳優座養成所に入った。養成所卒業後なかなか売れずバイトで生計を立てる。アメリカンテレビドラマ『ルート66』の主人公の吹き替えを担当し徐々に名を知られるようになる。声優としてはその後、1970年(昭和45年)のアニメ『いなかっぺ大将』のニャンコ先生、1996年(平成8年)のアニメ映画『ドラゴンボール 最強への道』の亀仙人などを担当した。 1971年(昭和46年)から深夜番組『パックインミュージック』のパーソナリティとなり、気取らない本音トークで若者から人気を集めブレイク。「キンキン」の愛称が定着したのはこの頃である。深夜番組『11PM』の司会者になったことでさらに人気に拍車がかかった。 1975年(昭和50年)、空前の大ヒットシリーズとなった映画『トラック野郎』で菅原文太演じる主人公の相棒やもめのジョナサン(松下金造)を熱演し、俳優としても人気者となった。なお、『トラック野郎』の企画を持ち込んだのは愛川欽也本人。その後、映画やテレビドラマにも数多く出演した。テレビドラマ『西村京太郎トラベルミステリー』の主人公・十津川警部の右腕的存在である亀井定夫警部補役はおよそ30年も演じ続けた。また、土曜ワイド劇場の『名探偵・金田一耕助』(1977年)で金田一耕助を演じている。 愛川の人気を不動のものとしたのは、1981年(昭和56年)にスタートしたクイズ番組『なるほど!ザ・ワールド』での司会であろう。さらに1995年(平成7年)から“地域密着系都市型エンターテインメント”『出没!アド街ック天国(アド街)』の司会者(宣伝本部長)となり多くの視聴者に愛された。同番組で愛川がオープニングに発する「おまっとさんでした!」は定番セリフとして有名。ほかにも愛川が司会を務めた『世界ビックリ大賞』で巨乳の女性が登場した際に発した「オープンセサミ!」のセリフは有名。 2000年(平成12年)には「劇団キンキン塾」を結成し精力的に活動、2009年(平成21年)には私財を投じ小劇場「キンケロ・シアター」を目黒に開き、劇団の拠点とした。 2015年(平成27年)3月、放送1,000回目を迎えた『アド街』の司会を急遽降板、視聴者を驚かせた。そのおよそ1ヶ月後の同年4月15日、都内にある自宅で死去。死因は肺がん。

愛川欽也を共有しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

年表、功績

活躍の軌跡。『人生の残り時間』にも注目してください。意外な発見があります。

愛川欽也の年表はまだ作成されていません。もう少々お待ちください…。

名作

愛川欽也が携わった、昭和史に残る名作を紹介します

愛川欽也の名作は見当たりませんでした…。

愛川欽也をチェックした人はこんな人物もチェックしています

愛川欽也にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。

愛川欽也にとくに関係の深い人物はまだ登録されていません…。

学歴

出身大学や高校などを紹介。

愛川欽也の学歴は見つかりませんでした…。

エピソード・逸話

知られざる興味深いエピソードの数々。

愛川欽也のエピソード・逸話は見つかりませんでした…。

名言・最後の言葉

愛川欽也が語ったといわれる言葉。人柄や当時の心情が見えてきます。

愛川欽也の名言は見つかりませんでした…。

子孫・子供

偉人の血を受け継いだ方々を紹介します

井川晃一(いがわこういち)
愛川欽也の息子(長男)にあたる(うつみ宮土理との子ではない)。俳優。『西村京太郎トラベルミステリー』では長く父・愛川欽也と共演した。
佳村萠(かむらもえ)
愛川欽也の娘(長女)にあたる(うつみ宮土理との子ではない)。俳優や歌手として活動。バンド「ほとらぴからっ」、杉本拓とのデュオ「さりとて」など。

記念館、銅像

ゆかりの品が展示されている主な記念館。現在でも残る生家や墓所、縁のある土地にたてられた銅像など。

愛川欽也関連の記念館は見つからなかったかも…。情報ある方、お知らせください。

愛川欽也関連の人物

昭和の人物 人気ランキング

1位 (252view)
比嘉和子その他
『アナタハンの女王事件』の当事者。太平洋戦争末期から終戦後、太平洋の孤島ア...
比嘉和子
2位 (220view)
小林カウ犯罪者
日本における戦後初の女性死刑囚。ホテル日本閣の乗っ取りをはかり、雑用係だっ...
小林カウ
3位 (181view)
阿部定犯罪者
日本を騒然とさせた猟奇殺人事件「阿部定事件」の犯人、芸妓。江戸時代から続く...
阿部定
4位 (178view)
笠置シヅ子芸能人
「ブギの女王」として一世を風靡した歌手、女優。本名は亀井静子。「松竹楽劇部...
笠置シヅ子
5位 (126view)
高野悦子その他
20歳で自殺した立命館大学の大学生。弟と姉がいる。学生運動がピークを迎えて...
高野悦子
6位 (122view)
岡真史芸術文化
12歳で夭折した少年。 作家の高史明の息子であり、父の影響からか幼い頃か...
岡真史
7位 (109view)
白洲次郎その他
官僚、実業家。妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武...
白洲次郎
8位 (107view)
都井睦雄犯罪者
日本の犯罪史上最悪ともいわれる「津山三十人殺し(津山事件)」の犯人。わずか...
都井睦雄
9位 (94view)
白鳥由栄犯罪者
4回の脱獄をしたことで知られ『昭和の脱獄王』の異名を持つ受刑者。うち、1回...
白鳥由栄
10位 (90view)
保倉幸恵芸能人
モデル、女優。幼い頃から舞台女優をし、60年代から70年代にかけては『週刊...
保倉幸恵
11位 (84view)
北原遥子芸能人
日本航空123便墜落事故で夭折した女優、元タカラジェンヌ。本名は吉田由美子...
北原遥子
12位 (79view)
成田三樹夫芸能人
鋭い眼光が印象的な俳優。愛称は「ミッキー」。ニヒルな雰囲気とドスのきいた声...
成田三樹夫
13位 (73view)
菊容子芸能人
女優。2歳の時に冨士フィルムのモデルをし、小学生の頃には少女向け雑誌のモデ...
菊容子
14位 (70view)
中川勝彦芸能人
80年代に活躍したマルチタレント(ミュージシャン、俳優、声優など)。娘は「...
中川勝彦
15位 (68view)
香月弘美芸能人
宝塚歌劇団月組で娘役だったタカラジェンヌ。本名は小笠原弘恵。1954年の「...
香月弘美
16位 (66view)
赤木圭一郎芸能人
「トニー」の愛称で親しまれた映画俳優。本名は赤塚親弘(ちかひろ)。1958...
赤木圭一郎
17位 (65view)
竹鶴政孝財界人・経営者
「日本ウイスキーの父」とよばれるニッカウヰスキーの創業者。平成26年度後期...
竹鶴政孝
18位 (63view)
シルヴィア芸能人
ムード歌謡歌手。本名は松田理恵子(まつだりえこ)。ロス・インディオス&シル...
シルヴィア
19位 (58view)
山田かまち芸術文化
夭折の画家、詩人。 17歳(高校1年生)で亡くなった後、山田かまちが書き...
山田かまち
20位 (58view)
高田好胤その他
「薬師寺の名物管長」と呼ばれた法相宗の僧。本名は高田好一。写経勧進というユ...
高田好胤
21位 (45view)
ジャッキー佐藤スポーツ選手
女子プロレスラー。本名は佐藤尚子(さとうなおこ)。マキ上田と結成した『ビュ...
ジャッキー佐藤
22位 (45view)
金子みすゞ芸術文化
26歳の若さで早世した童謡詩人。活動時期は短いものの、代表作「わたしと小鳥...
金子みすゞ
23位 (43view)
岡田有希子芸能人
「ポスト松田聖子」といわれたアイドル。愛称は「ユッコ」。本名は佐藤佳代。幼...
岡田有希子
24位 (43view)
戸川京子芸能人
女優、タレント、ミュージシャン。姉は歌手の戸川純。5歳の時に劇団ひまわりに...
戸川京子
25位 (43view)
たこ八郎スポーツ選手 / 芸能人
コメディアン、俳優。芸能界入りする前は、プロボクサーとして日本フライ級チャ...
たこ八郎

昭和ガイドとは

昭和をもっと身近に感じられるように。写真とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら

幕末 人気のタグ

昭和をもっと深く知る

人物の子孫
今でも続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに昭和の有名人や名言をまとめて見る
年ごとの生まれた/亡くなった有名人一覧
各年ごとに有名人の写真や詳細を一覧で見る
今日は何の日?
生まれた・亡くなった有名人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに昭和の有名人を見る
出身都道府県
都道府県別の出身人物が一目でわかります
出身学校、学歴
出身大学、高校ごとに見る有名人の意外な学歴
エピソード
意外!?偉人に親しみがもてる逸話を紹介します
記念館・銅像
昭和の有名人にゆかりがある場所

昭和ガイドFacebook